FC2ブログ

10月14日(火)、10月15日(水)に入園説明会を行ないます。

お知らせです。

渕野辺保育園、ふちのべ美邦保育園の入園説明会を行ないます。

日時は  10月14日(火)が在園されている方用に、次年度以降に向けての園の教育、保育方針の説明会で本園舎にて午後6時半より行ないます。

また、10月15日(水)は ふちのべ美邦保育園、ならびに渕野辺保育園に入園前の方用の説明会を行ないます。いずれも園の方針をお知らせし、新しく新園でどのようなことを行なっていくのか等をご理解いただければと考えております。内容によって、園の選定をされることが最もご意向に沿う保育、教育が叶っていくものと思います。是非、入園をお考えの方はご参加いただければと考えております。

駐車場のご用意は両日ともありません。近くの有料駐車場をご利用ください。
お子様をお連れして会場に来られる方は、静かに聞くことができる年齢からということにさせていただきます。

午後8時頃に終了する予定です。

日時
平成26年10月14日(火)午後6時半〜  本園 コモレビホール  (在園児専用)
平成26年10月15日(水)午後6時半〜  本園 コモレビホール  
(新しく渕野辺保育園の入園を希望されている方   新設のふちのべ美邦保育園の入園を希望されている方)

渕野辺保育園(平成28年以降 愛の園ふちのべ園と改称予定)
ふちのべ美邦保育園(平成28年以降 美邦ふちのべ園 と改称予定)

子育て講座のご案内(当園主催)

6月22日(土)に渕野辺保育園本園こもれびホールにて子育て講座を行います。
昨年度は 佐々木正美 先生をお招きして「育てたように子は育つ」というタイトルでご講演いただきました。
聴講者からの質問にも多数答えてくださる本当に心あたたまる講演でした。
今年も素晴らしい子育て講座を開催することができるようになりました。本当に感謝でいっぱいです。

今年度は講師は NHK「プロフェッショナル~仕事の流儀~」でも取り上げられた 発達障害児・者療育の実践者として名高い  服巻 智子 先生にお越しいただきます。
講演タイトルは 「人は必ず成長する」 という先生のブログの主題をそのまま頂戴致しました。

1992年米国ノースカロライナ大学TEACCH部に1年、2000年英国バーミンガム大学自閉症学科に2年留学し自閉症支援の 最先端を吸収。その後NPO法人それいゆでセンター長として相談・指導に9年関わられています。

ASD(自閉症スペクトラム障害」の方々への支援、TEACCIインディペンデントトレーナーであり、アジア圏で最初のソーシャルストーリーズ公認指導者として現在の我が国を代表する自閉症支援の専門家です。

今回は社会生活適応などで混乱がないような子ども達の生活のしかたなどを中心にお話が聴けるのではないかと考えております。

当園の子育て講座は 地域のみなさまにも解放をしております。入場は無料です。必要な方は子育て中の保育も無料でお受けします。


午後1時半からになります。地域の方々、ご興味のある方はお電話でお問い合わせください。

TEL 042-759-3551  
(ふちのべほいくえん地域子育て支援センターつくしんぼ担当まで)




今日のお昼の食事はこちらをクリック!(このほか手づくりおやつや補食がありますがUPできておりません。

「じゃがいも」が見事に実っていました!

DSC_1383.jpg

みんな、楽しみにしている畑保育の農作物収穫の一コマです。とくに3歳児クラスは小さい手のひらで一生懸命、つるを引っ張るも、おやおや・・・抜ききることができません。
なかまも一緒に、二人一組、応援団も一緒にヨイショ、ヨイショっと抜いてみると。。。。つるの下から、たくさんのじゃがいもが収穫されました。
品種は「男爵いも」で、ラックにして10ラック以上の大量収穫となりました。

DSC_1377.jpg

おみやげとして持ち帰りつつ、園でマッシュポテトのおやつにして食べることで、食育も兼ねて完結します。
本来は、間引きや種植えも行ってこそ、達成感がさらに膨らみますが、今年度は、仮設園舎ということもあり収穫しかできないのですが、今後も子ども達に必要不可欠な活動だと思っております。

苦労して取り上げたじゃがいもを眺めて、どの子どももとても満足感にあふれていました。




新園舎建設の具体的な現場日記はこちら!


今日のお昼の食事はこちらをクリック!


↑