FC2ブログ

本園舎の全面増改築計画の構想-でいらぼっち-

いろんな場所に行き、国外に行くときも必ず建物をたくさんみてくることにしています。
建物来訪が趣味のようになっているこのブログの管理者ですが、記憶に留まる本当に好きな建物というのは
限られてきます。そのなかでも3つほど気になる建物を挙げるとなると、悩んだ末、以下のように感じています。

その一つは 「旧帝国ホテル」の建物で、建築家フランク・ロイド・ライトが建てたもの
二つめは  「せんだいメディアテーク」 こちらも有名な建築家 コルビジェさんのお弟子さんとも言われている伊東豊雄さんの建築物

そして、最後にとくに私が好きな建築家が、「村山雄一」さんで、遊びの要素たっぷりの「ムーミン屋敷」です。もしかするとあまり知られていない方かもしれません。シュタイナー建築を学びにドイツ・シュツットガルトに長く滞在されていたそうです。そのため、シュタイナー建築のエッセンスがかなり反映されている建物を作っているように思います。

埼玉にあるあけぼの子供の森公園内にある「ムーミン屋敷」なるものを見た時、本当に衝撃を覚えました。

mumin01.jpg
mumin-8.jpg

なんと創造性溢れる建物を作られる方なのでしょう。渕野辺保育園の本園舎はきっと床面積が大規模になってしまうので「実用面」を抜かして作るわけにはいかないのでしょうが、子どもたちが「また明日も保育園行きたいな」と思える建物にしたいと思います。
もしかすると、ムーミン屋敷のような要素がどこかに反映することになるかもしれません。
決定している、設計事務所の女性の設計士さんにも少しお話をしたところです。
全体構想は少しまだ早すぎますので断言はできませんが、そして検討中のところも多々ありますが、「思い切った大胆な建物」を考えています。

園舎の名前自体大胆ですので 「でいらぼっち」 というのはご存知の通り、富士山を動かしたと言われるこの地域の想像上(いいつたえ)の巨人の名前です。2号館「まほろば」より大胆に動きまわり活動し、生活する園舎としてしっかりとしたものを作りたい気持ちです。

父母の皆様からもたくさんのアドバイスをお待ちしています。
↑