FC2ブログ

27年4月開所渕野辺美邦(みくに)保育園について②

前回のブログも記載しましたが共和地区の新しい保育園の 園名は 「ふちのべ美邦保育園」です。
本体の「渕野辺保育園」も次年度、名称を変えることで現在、進めていますが当園のルーツにちなんだ名称になります。

来年、4月開所ということで急ピッチで進めていかなければなりませんが、定員90名の保育園です。
クラス名は  星座で統一し 「カシオペア組」「スピカ組」「オリオン組」「シリウス組」「ペガサス組」などがあり、3、4、5歳児のこども達は 「異年齢クラス」、1、2歳児のこども達も「異年齢クラス」の縦割りクラスですすめていきます。「乳児」の床をスーパー銭湯のような柔らかいクッション床を用い、また食事の椅子は大人目線の高い椅子の配置を考えています。

その90名の保育園にしてはゆったりとしたスペースだと思いますが、、 図面の通りなのですが、屋根裏部屋はカウントせず、それでも数字上では「1350㎡」の床面積になります。(定員からするとゆとりある空間を確保できたと満足しています。)


4階( 3階からの床天井が4mあります。)部分は前述の通り ロフトがつき 屋根裏部屋のように使うことを想定していますが、そこは アトリエとして壁紙を貼らず「造形活動」専用の部屋として、使います。

造形活動の指導はイタリアのレッジョエミリア市などで研修をしてきた美大油絵学科卒の保育士と日美絵画展などで入選をした元保育者などが担当します。また、渕野辺保育園と同じく2階のスペースに「モンテッソーリメソッドルーム」をつくります。合計で80㎡のスペースを使う大きなものです。

光のアトリエ、実験室、音楽などのプロジェクトを進められる部屋であったり、建物の1階は真ん中に大きな空間ピアッツァ(広場)を配置します。また、吹き抜けの部分は4階、3階、2階がつながる ネットクライムを張ります。

ガラスカーテンウォールを多用し、光が入りやすい建物になると思います。
また、ダイナミックな大型遊具の設置を予定しています。

rr.jpg

201407301456f.jpg

201407301456frre.jpg

もう一点、記載させていただくと、渕野辺保育園が持っている保育ノウハウ、行事、保育内容をほぼ同じ内容で欠かすこと無く行なっていきますが、
「ハローエンジョイングリッシュ」だけ内容が変わります。少数のこどもで行ない、教師と近い距離、向き合い方、進め方で行なっていく計画です。

内容は少し先に譲りますのでもうしばらくお待ちください。

少しだけ、計画の一端をお見せしますが、今後、たくさんの説明会を行なっていきます。また、ご関心を持ってくださっている方はお気軽に「渕野辺保育園」までお問い合わせください。







今日のお昼の食事はこちらをクリック!

↑