東日本大震災の被災を受けた山田町へどんぐりの苗木をお届けしました!

5年前の東日本大震災では岩手県気仙沼市の保育園、岩月保育所へ食料品、生活用品に加えて手づくりおもちゃ作品や絵本、玩具を届ける物資などをお届けしてその後も交流をさせていただきお手紙のやりとりなども致しました。

その後、この「JP東北復興グリーンウエイブ」に参加して、山田町のどんぐりの苗木を大きく育て、またお返しする活動を続けてきましたが、現在の年長児が3才児の頃、届き1年半程育てた苗木をお返しする時期に来て、相模原郵便局のお力、NPO法人子どもの森づくり推進ネットワークのお力を借りて無事に山田町の被災地へ苗木をお返しすることができましたのでホッとしております。


201606021236.jpg


活動の様子は神奈川新聞が取材に来られていました。
山田町は町の半分の民家が全壊、半壊というとてつもなく被害が多かったところです。
私達でできる応援を子ども達も同じ心で行う活動で、子ども達に「人を思う気持ち」がしっかりと育ちます。
是非、これからもできる支援を行っていきたいと思っています。





今日の渕野辺保育園の食事はこちらで公開しています。


コメント


トラックバック

↑