平成29年 渕野辺保育園入園希望の方への入園説明会

渕野辺保育園


来年で相模原市に開園をして70年を迎える渕野辺保育園(前身の愛の園保育学校時代を入れると開園88年になります。)です。自由な園風があると多くの方に評される”渕野辺保育園”ですが、その教育、保育の中身について一緒に語りあいましょう。

941492_458119857620767_150003917_n.jpg

まほろば2

921190_493299730769446_1951808055_o.jpg

DSC_2249_2016102418581424c.jpg

E381B5E3818FE3828DE38186E381AEE38199E381BFE3818BE38090E382AAE383ACE383B3E382B8E38091.jpg



 平成29年に入園を希望される方用の入園説明会を10月22日(土)の午前10時より行います。
 当園の理念、教育、保育方針などをご理解、ご選択をしていただいた上で入園申し込みをしていただきたいと考え、3年前よりこの時期の「入園説明会」の開催を行なっております。

 ご興味のある方、ご検討をされている方はぜひ、足をお運びください。所要時間1時間30分ほどで午前中に終了致します。

内容

  保育者によるチーム保育について
 
  主体性を大切にしたプロジェクト型保育について( creativity を発揮できる保育環境について)

  基本的信頼感(ベーシックトラスト)を大切にした乳児保育について
  
  完全手作りのおやつや副菜を2品組み込む最高の素材の食事作り(離乳食のコンセプト等含む)
 
  ”個別療育”も行いながら成長につなげる当園独自の障害児保育(インクルーシブ教育)について

  中長期計画 ”ふちのべ VISION 2025"  について

  保育の環境について(キャプテンフックの砦、ターザンロープ、ふちぼっくりのすみか、つなわたりロープ、じゃぶじゃぶ池、山賊のやぐら、鉄棒、ブランコ、屋上大型遊具、3階テラス遊具広場、キャットウォークロープ、いろんな場所のたんぼやピアッツァ広場、ティピテント、汽車ぽっぽ遊具、珊瑚のジャングルジム、サーキットアスレチック、大型マイクロバス、などの環境など)

  大動物、小動物などの動物達や四季折々の緑、花などの環境構成について

  戸外活動について(園よりドア続きになっている広大な3200㎡ある淵野辺1丁目公園での活動、広大な敷地面積を  持つ渕野辺保育園内での教育、保育内容、820㎡ある園庭での教育保育活動、横山にある元LCAインターナショナル
  スクール幼稚園敷地だった場所を借り上げた1700㎡ある第二園庭などのお話をします。)

  保育の特徴について(モンテッソーリ教育、3人の正職員英語講師が行う英語を用いた生活体験 、造形ワークショッ
  プ、ダルクローズリトミック、剣道保育 などの設定保育活動などもお話しします。) 

  多様な子育て支援の中身について(産後カウンセラー、保健師、臨床心理士、理学療法士なども支援にあたります。)

  日本ではじめての免震構造を導入した本園舎、大手建築会社にリクエストしてできた高い耐震レベルの分園舎、非常用
  井戸水濾過飲料水設備、非常用電力設備、の説明など

            記

1、日   平成28年10月22日(土)
2、場所  渕野辺保育園本園コモレビホール
3、住所  〒252-0206  神奈川県相模原市中央区淵野辺1−16−5
4、連絡先   042−752−2123  (本園総務室)
5、時間  午前10時〜正午まで


園には送迎用駐車場がありますが、説明会でお越しになる方用の駐車場の確保を行なっておりません。悪しからずご理解の程、よろしくおねがいいたします。


”渕野辺保育園”は 


平成26年4月開園の ”リージョン淵野辺保育園
平成29年4月開園の”クローバー淵野辺保育園


とは関係がありません。


渕野辺保育園園長








毎日の食事についてはこちらをご覧ください。どうぞこちらで公開しています。

コメント


トラックバック

↑