”まほろば”第二の遊び場―デッキバルコニーについて―

お天気の日に主に0歳児の子ども達が「外気浴」をしたり、機嫌良く身体を動かせる空間のバルコニー。
ここを「遊び場」としても活用するため全面「ウッドデッキ貼り」にしました。
そして手すりもどうせなら安全性を優先確保した上で、他の階とは変え特別にオーダーして「見晴らし」が良いものに
arone_g_akurriru_m.jpg

こんなパネルで、しかも「透明」のものにして、これだけではやはり不安なので高さも特別注文で160cmの高さまでにして、「しっかり」設置してほしいと注文を致しました。
(集合住宅と一緒である場合これが建築基準ギリギリだそうです。)

また、パネル+支えになっている部分に韓国のメーカーから取り寄せた「木」の色の塗装と風合いのフェンス支柱(つまりパネルとフェンスの両タイプ仕様)の合わせ技にして「がっちり」付けるようお願いしました。

そしてこのバルコニーの前スペースを少し伸ばしてもらったので、その分日の光が直接きてしまうので
life_canpus01.jpg

このような「オーニング」を全面に設置しました。色はナチュラルですが若干明るい色になりました。
もちろん天候に合わせて曇っている時はスイッチ一つでBOXに戻るようになっています。
その下にはこんな形のベンチをちょこちょこと置く計画です。
estoah_g11104m-14.jpg



そして分園”まほろば”は横に長い建物構造になっているので、これを活かさない手はありません。

前述のTVチャンピオン”ログハウス作り”チャンピオン栗田氏に乳児用のサーキット(ずりばいだとか低層滑り台とかでこぼこのコースだったり)を作ってもらっていますが、バルコニーに一台是非置きたいことを伝えて現在、千葉の工房にて製作中であります。もともと忙しい方でアメリカ、カナダ、オーストラリアなどでも大会があったり、国内でもあちこちに行くことが多く、工房にはおそらく滅多にはいないようですが、以前よりお世話になっておりますので計画して確実にオープンまでに仕上げて下さるはずです。ちなみに園庭の遊具、フェンス等もこの方にお願いをしています。

きっと楽しいものを作って下さることでしょう。とっても期待しています。

コメント


トラックバック

↑