分園”まほろば”の大型遊具、バルコニーの遊具、室内のジムなど

本当に良いお天気が続きますね。
子どもたちがいきいき戸外で楽しそうに、遊んでいます。
本園の4、5歳児はいろんな虫を発見して顕微鏡でみていたり、大きなサッカーゴール(昨年度父母の会からいただきました。)を出してサッカーをやっていたり、好きな遊びを選び、身体をいっぱい使って遊んでいます。。

今日は小さい子どもの2号館での「外での遊び」を想定した大型遊具などを中心にお話します。
もちろん「操作的な遊び」ほか園庭で楽しく遊ぶこともできるように揃えるものもたくさんありますが、
「大型遊具」周辺から説明を致します。

基本的に、園外へ安全に気をつけながら「お散歩カー」を使いたいと思います。
そのためのワゴンですが、

gazou1.jpg

上のような、大型のサンポカーですが、着席用の着席イス付のものが5台(6人乗り)で普段は足りると思っております。その他に予備として大型の同じくサンポカーを3台、いまあるものを2台という形で10台!程度用意することになりました。もちろん普段はここまで出さないものですが、公園まで避難する総合防災訓練などの際にこれを使うことになります。

また園庭や、バルコニーで安全に下(クッション、シートの上など)に乳児が寝られない環境である場合に活用しようと思っているのが、

41rT.jpg
上のようなラックを(コンビRU490)数台用意しています。保育園ですので、オートスウィング機能、メロディ機能があっても使用することなどは当園では「よくないもの」と捉えており、人手でしっかり支え、子守唄機能よりは「保育士が唄うべき」であると捉えています。大切なお子さんと接するのであるため「オート」、「電動」は排除していきたいと思っています。

1歳児が園庭や雨の時は室内で、またバルコニーで身体をいっぱい使って遊ぶこともあります。
以下のような大型遊具を園庭に設置します。オーダーで作ってますが、
画像2

画像3
上記、二つの低年齢児用の木の遊具の要素を組み合わせたものをいま、千葉の工房で作っています。
また、雨の時、室内でも身体を使いたい大型遊具もありますが、一つだけ導入するものを紹介します。(全部は紹介しきれません。^^)

gazou_20100513170806.jpg

上記「コミュニティージム」の画像のものよりワンランク遊びスペースが足されたより大きいものを設置する計画です。また、バルコニーのはじの少し余裕のあるスペースにも、滑り台や素敵なおうちなどを設置する計画です。
滑り台だけ画像がありましたので付けておきます。

gazou4.jpg

外壁、看板などもどんどん2号館の工事が進んできております。シートが外れるのが5月末ごろだと思います。もうしばらくお待ちください。

コメント


トラックバック

↑