きょうはキッズゴスペルクワイアーの時間でした♪



今年の先生は 調布南キリスト教会 ナンシーラッカー先生、ラニーラッカー先生ファミリーです。

最初に英語の遊び歌、かんたんな「 Head Shoulders Knees And Toes 」 で「ヘッド、、、ショルダー、、」なんて遊び歌をみんなで楽しく行って、ウォーミングアップをした後、内容に入りました。



ナンシー先生は、とてもお若い先生ですが、とくに「ビブラート」の際は本当の天使の声ではないか(表現が上手ではなくてスミマセン。透明感があるお声だと思います。)と思えるほど素敵な声が聞こえてきます。

なかでも「きみはあいされるためにうまれた  きみのしょうがいはあいのみちている・・・・」という歌詞を手話も交えながら教わっていて、先生がお手本を示して下さったとき 来ていた父母の方々や子ども達、保育者達もその時間だけ 時間が本当に止まるような感覚を覚えました。
子どもたちも 本当にきれいなうたごえの前では、ちょっとふざけ合っていても一瞬でそれを忘れさせてしまいます。

そのくらい、表現が難しいですが きれいな歌声なのです。シンガーの伊藤由奈さんや、中島美嘉さんのバックコーラスも務めたことがあると経歴で記載されていましたが、説明不要で、まさしくその素晴らしさは子ども達の前でも充分でした。

次はジャクソン5 の 「ABC」 などを題材にしながら、英語の詩なども加えていきます。この歌は古い世代の方(失礼)はご存知だと思いますが、踊りも素敵で子どもたちもチャレンジできそうです。
きょうは通訳役だった 3名の保育士さんも不要なほど、日本語も上手な先生でした。

DSC_1314.jpg

終わった後は、ある女の子が「あんなうたがうたえるようになりたい」と目をキラキラさせて伝えてくれました。



新園舎建設の具体的な現場日記はこちら!


今日のお昼の食事はこちらをクリック!




コメント


トラックバック

↑